ウォーキングで綺麗になれる理由とは

ウォーキングで綺麗になれる理由とは

ウォーキングで綺麗になれる理由とは

ウォーキングを行うことは美容にいいと言われています。ダイエットの効果があるとして有酸素運動の代表的な運動ではありますが、美容とはどんな関係があるのでしょうか。ウォーキングと美容について考えるときに知っておいてほしいことがホルモンの分泌です。ウォーキングを始めると3つのホルモンが順番に分泌されるようになります。まずはじめにβエンドルフィンが分泌されます。脳内麻薬の一つでこれが分泌されてくると気分が高揚するようになります。そしてしばらくしていると今度はドーパミンが分泌されるようになります。快楽物質と呼ばれドーパミンが分泌されるようになると物事が楽しくなってきます。そして更に時間が経つとセロトニンが分泌されます。セロトニンは幸せホルモンと呼ばれていて、精神的に安定するようになってきます。βエンドルフィンやドーパミンによって高まった気持ちを落ち着かせてくれるわけです。疲労回復にも役立つホルモンと言われていて、充足感を与えてくれます。大体ウォーキングを始めてセロトニンの分泌までが大体40分位になります。これらのホルモンが順番に分泌されていくとまずは血行がよくなっていきます。体全体の血行がよくなり代謝が上がります。そして表情が明るくなっていきます。気分的に落ち込んでいた時でも笑顔になれるようになるわけです。そして疲れがとれるようになっていき肌も綺麗な状態に蘇っていくということです。気分的に落ち込んでいて表情が明るくならないといった時にはウォーキングを40分位続けてみるといいですよ。目白 美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ