年齢と共に遅れていくターンオーバーを向き合っていくことが大事

年齢と共に遅れていくターンオーバーを向き合っていくことが大事

年齢と共に遅れていくターンオーバーを向き合っていくことが大事

老化するとなぜ肌の状態が若い時のようにはいかなくなるのでしょうか。それはターンオーバーが年齢と共に遅れていくからということが原因です。人間の肌のターンオーバーは基本的に若い時程早く、老化すると遅くなる傾向にあります。一番肌の状態がいいと言われる20代は28日で肌は生まれ変わります。10代なら20日周期になり、30代になると40日、60代になるとターンオーバーの周期は大幅に遅れ100日かかって生まれ変わると言われています。本来は28日周期を維持していくことで肌の若さを保つことができるようになりますが、老化に逆らうことは難しくどうしてもターンオーバーの周期は遅れていってしまいます。老化に逆らって28日周期を維持するために頑張ることも大事ですが、ターンオーバーの周期が送れていくということを理解した上で肌の老化と向き合い付き合っていくということが美容では重要になります。ターンオーバーの周期が遅くなればシミは簡単には消えてくれません。もしかしたら沈着して一生消えなくなることもあります。だから30代を過ぎた人は紫外線からしっかりと肌を守ってあげないといけません。乾燥肌に悩まされるようになる30代や40代は水分や皮脂が不足がちになるので、水分や皮脂を補ってあげるようにしましょう。スキンケアを行うときには肌の状態や年齢に合わせたケアを実践していくということが重要になります。自分の年齢を考えたケアを考えてみて下さい。上大岡 美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ