年齢によるターンオーバーの遅れを考えてケアしていこう

年齢によるターンオーバーの遅れを考えてケアしていこう

年齢によるターンオーバーの遅れを考えてケアしていこう

ターンオーバーには年齢による周期の違いがあります。一般的に28日で肌は生まれ変わるなんて言われていますが、これは20代のターンオーバーサイクルです。30代になるとターンオーバーの周期は遅くなり40日かかるようになります。この40日の周期は28日に比べて遅いわけですが、遅い状態を嘆いて28日に戻そうとしても意味はありません。年齢によって遅れた周期は戻すことよりも、その周期にしたがって肌の手入れを行っていくということが重要なのです。スキンケアを行っているけどターンオーバーの乱れが治っていないなんて感じている人はまず自分の年齢を考えてみるようにしてください。20代の頃のようなケアを行っていても30代の肌には効果があまり現れません。ターンオーバーの周期で言えば約2週間も送れるということなので、スキンケアによる効果が実際に感じられるようになるのも2週間送れるということになります。一般的に言われている28日の周期をそのまま鵜呑みにせずに年齢に合わせたターンオーバーサイクルを理解した上で正しいスキンケアを行っていくようにしてみてください。化粧品による美容効果が現れないと諦めて別の化粧品を試すのも、しっかりとターンオーバーされた肌の状態を調べてから判断してみてください。ターンオーバーが終わっていない肌に対して効果が現れないと思い、別の化粧品に変えてしまうとそれまでの努力が無駄になってしまいますので注意してみてください。

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ