女性は更年期障害とともにターンオーバーの乱れに気をつけよう

女性は更年期障害とともにターンオーバーの乱れに気をつけよう

女性は更年期障害とともにターンオーバーの乱れに気をつけよう

女性は年齢と共にホルモンの影響を強く受けます。男性と違い女性の場合は閉経による卵巣機能の低下で女性ホルモンの分泌量が急激に少なくなります。その影響で更年期障害に悩まされるようになるわけですが、このホルモンの低下が与える影響は美容にとってもとても大きいのです。美容にあたえる影響で特に注意が必要なのはターンオーバーの乱れです。ストレスによる影響とホルモンバランスの乱れでターンオーバーが遅くなったり早くなったりしてしまいます。ターンオーバーが乱れるようになると肌質も変化しやすくなり、乾燥肌が進行して行く可能性も高くなります。ニキビやくすみ等の悩みから精神的に更にストレスを受けてしまい、それがターンオーバーを乱していくという悪循環が生まれてしまう可能性もあります。ターンオーバーは普段の生活の中で乱れを修正していくことが大事になります。まずは睡眠時間の確保を考えてみてください。人間の平均的な睡眠としては6時間から8時間がいいと言われています。個人差があり、自分にとって一番快適な睡眠時間を目指すといいでしょう。ターンオーバーは睡眠中に行われているので、その睡眠時間を確保できないとターンオーバーも正常に働かいない状態になってしまいます。睡眠時間はストレスの解消にも必要になりますので、睡眠時間を削ってしまっている人は特に睡眠時間を取り戻す生活を考えてみて下さい。睡眠がしっかりと取れるだけでもターンオーバーの乱れは改善できますよ。相模大野 美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ