表皮は外的な影響を受けてターンオーバーが乱れやすい

表皮は外的な影響を受けてターンオーバーが乱れやすい

表皮は外的な影響を受けてターンオーバーが乱れやすい

ターンオーバーは肌の表面部分である表皮で行われています。しかし肌表面部分は環境や外的な刺激などの影響を受けやすく、ターンオーバーも乱れやすい状況になっています。空気が乾燥すれば角質層からは水分が奪われやすくなりますし、暑くなれば皮脂が多くなり様々な肌トラブルが引き起こされるようになります。肌が刺激を受ければ肌を修復するためにターンオーバーが早めに行われてしまうことがあります。早くなったターンオーバーは不完全な細胞を作り出し、角質層が刺激に対して十分な耐性を発揮してくれなくなる可能性もあります。そうなると肌は刺激に対して敏感になっていき敏感肌や乾燥肌に悩まされやすくなるということになります。ターンオーバーは外的な影響で乱れやすいということです。ターンオーバーを正常な状態で機能させていくためには表皮の状態を整えるスキンケアよりもその内部である真皮の状態を整えるようにしたほうが効果的です。真皮の状態が良ければ健康的な表皮が作られてターンオーバーも正常な状態を維持できるようになります。真皮を健康的にするためにはバランスのとれた栄養摂取と正しい生活習慣を送っていくということが重要です。真皮層はコラーゲンやヒアルロン酸等のタンパク質で作られていますが、タンパク質を合成するためには他にも様々な栄養が必要になりますので、コラーゲンばかりの摂取にならないように気をつけてください。スキンケアを頑張りつつ更に奥の真皮層の手入れも忘れないようにして下さい。小岩 美容室

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ