ターンオーバーが早くなった時の影響について

ターンオーバーが早くなった時の影響について

ターンオーバーが早くなった時の影響について

ターンオーバーの周期は年齢と共に遅くなっていきますが、遅くなった周期を早くすることに意味はありません。ターンオーバーの周期は乱すことなく整えていくことが重要になります。基底層から作られて角質層を保護し、最後は剥がれ落ちていくという工程の中でターンオーバーが早くなってしまうとどうなるのでしょうか。ターンオーバーが早くなると作られる細胞が未熟な状態になっています。未熟な細胞が角質層に到達しても未熟なままなので、十分な役割を果たすことができなくなります。メラニンで作られたシミは最後垢となって剥がれていきますが、未熟な細胞ではメラニンのシミを落とすことができなくなり、残ってしまうことになります。外部からの刺激に対しても弱い状態が続くので肌は少しのことで傷み、トラブルが起こるようになっていきます。紫外線の影響は真皮層まで到達しますが、細胞の生まれ変わりが鈍い真皮層では一度傷ついた細胞を修復することは難しく、簡単には元に戻ってくれなくなります。角質層の細胞が未熟な状態では肌全体、内部にまで悪影響を与えてしまうことになるのです。10代のターンオーバーは20代のターンオーバーに比べてサイクルが早いのですが、その分肌の成長で補うことができます。肌の成長が止まった20代以降では傷んだ肌を修復する力は残されていません。20代を過ぎたらターンオーバーの周期を守り肌全体を常に保護できるようにしていくために決してターンオーバーが早くなってはいけないと言うことです。門前仲町 美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ