シミが消えない原因として考えないといけないこと

シミが消えない原因として考えないといけないこと

シミが消えない原因として考えないといけないこと

強い紫外線を受けるとシミになります。もしも20代ならそんなシミも1ヶ月もすれば消えてなくなります。でも中には消えずに残ってしまったなんてこともあるかもしれません。自分のターンオーバーが遅れてきているのかもという危機感を持つことも大事ですが、紫外線の浴び方に問題があった可能性があります。ターンオーバーは肌の一番表面部分である表皮によって行われています。肌の構造は外側から表皮、真皮、皮下組織となっていて、その外側部分がターンオーバーによって生まれ変わっているのです。表皮にも構造があり、一番外側から角質層、顆粒層、有棘層、基底層となっています。一番下の基底層で細胞が作られて徐々に肌表面に向かい角質層に現れ、角質層で垢となり剥がれるまでがターンオーバーの一つのサイクルになります。メラニンによって作られたシミは本来なら表皮の中で作られてターンオーバーによってシミが剥がれていきます。でもターンオーバーでは消えないシミもあり、その場合は表皮よりも更に奥の真皮層にメラニンが沈着してしまった可能性があります。この場合は表皮で行われているターンオーバーでは治すことが出来ませんのでシミは消えなくなります。真皮にまで沈着してしまうのは強い紫外線を浴びたことが原因になります。紫外線に対して無防備な状態でいると自然と真皮にもシミが出来てしまう可能性があります。紫外線対策は日焼け止めだけでなく、色々な手段を使って対策をこなっていくことをおすすめします。富里 美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ