洗浄力

洗浄力

洗浄力

一般的に言われているのは、髪の毛を洗浄するために使われている界面活性剤が石油系のものであれば、それは髪に良くないからそのシャンプーの評価はシャンプー解析では低くなります。そしてかみにやさしいとされているオーガニック系の洗浄成分を含んでいるシャンプーは「髪の良い」とされて評価が高くなります。つまりシャンプー解析の多くは、よく言われている「髪に良い」「良くない」とい情報をデータ化してランキングをつけている、と言っても良いかもしれません。ですが本当に評価されるべきなのは、「洗浄力があって、なおかつ髪を傷めないシャンプー」であるべきなんですね。まずは髪の汚れが落ちない事にはシャンプーの意味がありません。実際オーガニック系のシャンプー、いわゆるマイルドな成分が使ってあるシャンプーでは強い汚れや頭皮に付着している被膜を落とす事は出来ない、という結果もあるのです。そうなってくると、果たしてそれが「良いシャンプーだ」と評価されるのは、正しい事なのか?という疑問がわいてきます。「良いシャンプー」とはつまり「シャンプーをする目的をきちんと果たしてくれるシャンプー」であるはずだと思うんですよね。とういった点でシャンプー解析と言うのは、あるべき評価とは違っているケースが多いのでは?と疑問を投げかけている美容師もいるようです。カットモデルのみなさんに、その仕上がりだけではなくその美容室に来たこと自体を楽しんでもらうためには、担当のアシスタント以外の心遣いも必要になるでしょう。たとえばその美容室の割引券とか友だち紹介カードなどを配布するのも一つの作戦でしょう。アシスタントがカットを担当するいわゆる「練習台」になってくれたわけですから、もしかしたらその仕上がりはいくら無料とはいえカットモデルの意に反した仕上りである可能性もあります。そんな時になんのフォローも無く返されたのではカットモデルのその美容室に対する評価も散々なものになるでしょう。ですが攻めて仕上がりに難があっても「まあ、無料だったんだし、スタッフの人が良くしてくれたし、サービス券ももらったし、良しとしようか」と思えるぐらいの心遣いをする事が、その後のその美容室の評価につながるはずです。「あの美容室のカットモデルをやったら割引券をくれたよ」と言う口コミが広がる可能性もあります。かっとモデルと言うのは「無料」と言う最大限のお得感があるのはどの美容室でカットモデルをしても同じことです。それ以外の所で差が付くとしたら、それはそのアシスタントの腕と、その美容室の心遣いの差、と言えるのではないでしょうか。中目黒 美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ