成功した自分を想像する

成功した自分を想像する

成功した自分を想像する

美容師として成功するための道のりはとても遠いものです。そこへ行きつくまでの道はあまりにも遠いし漠然としています。耐えがたい日も有るでしょう。そんな自分にくじけないようにするためには、常に「成功したい」と思い続けることが必要でしょう。ですがただ思い続けろ、と言われても出来るものではありません。その手段として常に「成功した自分を思い描く」と言う事が有効なのではないでしょうか。今のお店にいる間も「自分の店だったらこうする」という目を持って働いてみるのもいいかもしれません。自分が店長になった時には今の店をどのように活用するか、という事を考えながら働くのは案外楽しいものかもしれません。成功した自分を想像できるようになれば、そこに向って日々レベルアップしていけばよいのです。そうやって具体的な絵が浮かぶことは、漠然と日々努力をするよりもはるかにモチベーションがアップするというものでしょう。ただ想像力だけでは目標は達成できません。その一方で売れっ子美容師になるための日々の具体的目標もクリアしていかなくてはいけません。経営を目標とするならばアシスタントのうちから経営に関しても学んでおく必要があります。独立が決まってから勉強しても間に合わない可能性が大きいのです。私達は美容室で髪を切ってもらう時には、髪の毛が衣服に着いたりするのを避けるためにきちんと対策をしてもらっていますよね。どうしても多少のカット後の髪の毛は顔や首回りについていたり手に降りかかってしまったりもしますが、それでも大したことはありませんしそれぐらいは覚悟しているものです。ですが髪を切る方の美容師さんは、全く無防備な姿で髪をカットしますよね。どちらかというとそういうことを考えたファッションと言うよりは、見た目の良さを重要視している感じのファッションです。そうなってくると当然髪の毛は美容師さんにもあちこち降りかかってくるでしょう。それをいちいち気にしていたら仕事になりませんから、平然とされていますが、時には小さな髪の毛がどこかに刺さってしまった様な状況でも、頑張って仕事をされているのだろうな、と察する事ができます。特に足元などは靴を脱いで髪の毛を取る訳には行きませんから、大変なのではないでしょうか。あのカット後の小さな髪の毛と言うのは、体のどこかに一本付いているだけでもとても気になります。よく「髪の毛が刺さる」と言いますが、まさにそんな感じの痛みさえ感じる事があるでしょう。美容師の皆さんは、いつも笑顔ですが、私たち以上に細かい髪の毛と格闘しているのではないでしょうか。ヘアカラーカフェ

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ