老化によるヘアサイクルの変化について

老化によるヘアサイクルの変化について

老化によるヘアサイクルの変化について

年齢を重ねていくとどうしても老化に逆らうことができなくなり、髪の毛の成長にも影響が出てくるようになります。髪の毛のピーク時はヘアサイクルのうち90%は成長期が占めています。成長期が長ければそれだけ髪の毛が生える期間も長くなり、髪の毛は太く長くなります。男性の成長のピークは20代、女性のピークは30代といわれています。老化が進むとヘアサイクルの成長期が短くなっていきます。90%成長期が占めていた時に比べて、70%とか60%になって来るとそれだけ休止期が多くなり、髪の毛が作られない期間が増えていきます。こうなってくると髪の毛は成長することが少なくなり、全体的に量が少なくなっていき髪の毛が薄くなっていくわけです。老化によるヘアサイクルの変化は改善することが難しいので諦めてしまいがちですが、薄毛の問題はヘアサイクルだけの問題でも無いので、他の部分で改善できれば髪の毛の悩みも解決することが出来ます。とにかく心がけていきたいことはバランスよく栄養を摂取するということでしょう。髪の毛を作る毛母細胞の働きは非常に活発で、沢山の栄養とエネルギーを必要としています。栄養が不足すれば活発な働きも低下してしまい髪の毛を作る力も失ってしまいます。髪の毛の成長は余った栄養で行われるなんて言われていますので、栄養をしっかりと摂って髪の毛の成長に使われるようにしていくことが老化によるヘアサイクルの乱れに対抗することに繋がります。美容室 ヘアサロン 川越 カット カラー パーマ オーガニック 人気

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ