労働時間の希望

労働時間の希望

労働時間の希望

多くのママさん美容師たちが希望するのは、土日が休みで一日短時間の勤務、という事でしょう。これは家庭を持っている女性なら誰もが同じことを考えると思います。保育園に子供を預けるにしても、夕方以降や土日の保育料と言うのは高くなりますし、夕方からや土日は家族と過ごす事を希望する女性は多いものです。そんなわがままを言っていると働く事の出来る美容室なんてないんじゃないか?と思うかもしれませんが、これも意外にそういう条件を飲んでくれる美容室は多いようです。それはたとえそうであってもママさん美容師の様な経験者を日う様としている美容室も多いからです。逆に土日こそが稼ぎ時だから働きたい、と思っている若い美容師や本当に子育てを終えて再び仕事に没頭している美容師も存在するわけで、そういう美容師たちとママさん美容師をバランスよく雇っている美容室なら、うまくシフトを組む事が可能になるんですね。ですから土日のどちらも休みたい、とか一日3時間しか働きたくない、というような要望はなかなか通りにくいかもしれませんが、土日のどちらかは休みである、とか3時間しか働けない日も有るけれど、フルタイムで働ける曜日も有る、というような柔軟な条件ならば、受け入れてくれる美容室は結構あると思われます。開店祝いに何をしたらよいのか解らないので、お金を包んで渡そうと思う、という人もいるかもしれませんが、お金で渡すというのはその金額がそのまま伝わってしまう事になります。多くても少なくても、その様に相手が感じるであろうか、という事も心配になります。また現金を包むというのはかなり親しい間柄である、という感じがします。そこまでしなくてはならない相手なのかどうかという事をよく考えた方が良いですね。しかも少額しか送るつもりが無いのであれば現金で渡さない方が良いのではないでしょうか。たとえば3000円とかなら菓子折りを用意する方が感じが良いと思われます。「お金を包んでおけばよい」という印象を与えてしまうのも良くありません。たとえばどんなに少額のものであっても、その美容室の事を考えて、一生懸命に選んでくれたのだ、という気持ちが伝わる様なものなら、どんなに少額でも喜ばれると思うんですね。消えてしまうような菓子折りであっても、現金よりは気持ちがこもって感じる事もあります。要するに相手位に対して心がこもっているか、それが伝わるか、という問題の出、こういう時は物入りだから…と察すして手助けしてあげるような間柄ならば現金でも問題いでしょうし、むしろ喜ばれるかもしれませんね。三軒茶屋 美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ