お酒の飲み過ぎが皮脂を増やす

お酒の飲み過ぎが皮脂を増やす

お酒の飲み過ぎが皮脂を増やす

お酒の飲み過ぎが過ぎが美容に良くない理由についtえ考えてみましょう。お酒を飲むと肝臓の働きが活発になり、様々な栄養が消費されるようになります。アルコールの分解にはビタミンBも消費されていきますが、このビタミンBは美容ビタミンと言われるほど美容に大きな役割をもっています。お酒をの飲むと皮脂の量が増加します。これはお酒に含まれている糖質やおつまみで食べる脂が体に蓄えられてしまい、それが皮脂分泌へとつながっていくわけですがビタミンBが不足するとこの皮脂を分解することもできなくなります。過剰に分泌された皮脂はビタミンBによって本来は増加しすぎないようになっているけど、お酒を飲むと皮脂の量が増えて、更にその増えた皮脂を抑える働きも機能しなくなってしまうということになるわけです。皮脂が増えれば悩むようになるのがニキビです。毛穴が詰まってそこに皮脂が分泌された時にできるのがニキビなので、皮脂の量が増えれば体のあちこちにニキビができるということになります。更にお酒の血行促進効果は肌を敏感させてしまうのでニキビによる炎症の大きくなる安くなります。このようにお酒の飲み過ぎが肝臓機能の低下に繋がり、その結果多くの美容トラブルを引き起こすことになります。肌の状態が脂性肌に傾いているという悩みを抱えている人はお酒を飲み過ぎてはいないでしょうか。お酒の飲み過ぎをやめると皮脂の量も正常に戻って肌の悩みも解決するようになりますよ。八潮 美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ