寝る前に豆乳を飲むときに気をつけること

寝る前に豆乳を飲むときに気をつけること

寝る前に豆乳を飲むときに気をつけること

豆乳は夜、寝る前に飲むと効果的と言われています。しかし豆乳には体を冷やす効果があり代謝が悪くなるとそれだけ脂肪の燃焼効果も下がってしまうことになります。また豆乳には脂肪が多く含まれているので寝る前に豆乳を飲んだりしたらかえって太ってしまいそうな感じがします。豆乳に含まれている脂肪は褐色脂肪細胞を活性化させます。褐色脂肪細胞は脂肪を燃焼させてくれる働きがあるため、豆乳で摂取した脂肪は寝ている間に燃焼されていき太るという心配はありません。体を冷やしてしまい代謝を悪くしてしまうという効果は温めて飲むことで問題を克服しましょう。ホット豆乳を寝る前に飲む事は美容にとっても大きな効果を発揮します。豆乳には良質なタンパク質が含まれています。タンパク質は肌細胞を作るときに必要となります。人間の体の大部分はタンパク質で作られていますので良質なタンパク質が含まれた豆乳は新陳代謝を活性化させて新しい肌が作られる手助けをしてくれます。寝る前に飲む事で寝ている間に新しい細胞が作られていくようになり、しばらくすると肌のハリやツヤも出てくるようになります。豆乳の持っているマイナス効果は工夫でカバーする事ができて、美容に良い効果はしっかりと摂取していくようにしましょう。美容に良いからといって飲みすぎてしまうと本当に脂肪が蓄えられてしまう事になります。適度な量を守り毎日続けて行くことで肌は少しずつ若返っていくはずですよ。ダイエット期間中にアルコールがほしいとなった時に一体どんなお酒を飲めば良いのでしょうか。「ダイエット中なんだからお酒はご法度!」なんて考えてみても、どうしても欲しくなった時に我慢することはダイエットにとってはいいことではありません。我慢はストレスを溜めることになり、ストレスは痩せにくい体を作り、さらにリバウンドしやすい体になってしまうからです。お酒を飲むだけでストレスが発散できるならある程度の量までなら飲んでしまったほうが良いです。そこでどんなお酒を飲む事がダイエットの妨げにならないのかということです。お酒にはアルコールのみの蒸留酒とアルコール+糖質などの醸造酒に別れます。蒸留酒はウィスキーやブランデー、焼酎といったアルコールの強いお酒、醸造酒はビールや日本酒、ワインといった飲みやすいお酒です。基本的にカロリーはアルコールの強いお酒の方が高くなります。では蒸留酒よりも醸造酒の方が良いのかというとそれは全くの逆、蒸留酒の方がダイエットに向いているお酒になります。理由としてはアルコールはカロリーとして体に残らないこと、アルコールの強いお酒は飲む量も限定されてしまい結果的にそれほど体に入れることができないことがあります。お酒で太る理由はアルコールでは無くそれ以外の余分なカロリーなので醸造酒の方が太ります。しかもアルコールの少なさから大量に飲めてしまう事もダイエットの大敵になります。ダイエット中にアルコールを飲むならあえて強いお酒を選ぶようにするといいですよ。蒲田 美容室

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ