縄跳びダイエットはどんな人にお勧めなのか

縄跳びダイエットはどんな人にお勧めなのか

縄跳びダイエットはどんな人にお勧めなのか

縄跳びを使ってダイエットを始めてみようか迷っている人も多いかもしれません。そこで縄跳びダイエットのメリットとデメリットを紹介してみます。まずはメリットについて。縄跳びダイエットのメリットはいくつも考えられますが、時間当たりの消費カロリーが高い、どこでも出来る、それほどスペースを必要としない、リズム感が良くなる、飽きにくい、お金がほとんどかからないということです。逆にデメリットは何があるのでしょうか。デメリットとしては長時間続ける事に向いていない、体(特に下半身)に負担がかかるということです。メリットとデメリットを考えたうえで縄跳びダイエットを始めるときの問題点を考えてみましょう。基本的に消費カロリーは高いのですが、時間をかけて続ける事が難しいため、他の体に負担のかかりにくい有酸素運動に比べて最終的な消費カロリーは劣る可能性もあります。下半身に大きな負担がかかることで体力的にきついのではなく肉体的にきつくなります。かなり運動慣れした人なら長時間続けられますが、そんな人にはダイエットは必要ありません。純粋にカロリーの消費という事を考えた場合は縄跳びよりも効果的な有酸素運動は沢山あります。ただ縄跳びは続けて行くと技術が上達して、楽しみながら運動を行う事ができます。今までの有酸素運動には飽きてしまったなんて人に縄跳びがおすすめです。もしもダイエットを始めるときに飽きっぽい性格の人なら縄跳びダイエットをおすすめします。アルコールを飲むと太ってしまう原因はアルコール自体のカロリーではなく、その他の栄養から摂取されたカロリーです。アルコールを摂取すると肝臓で分解されますが、肝臓でアルコールが分解されている間は糖分も脂質もみんな脂肪に変換されて蓄えられていきます。本来なら食べている間に消費されている栄養もアルコールが入った体ではただの脂肪の塊にしかなりません。つまりアルコールを飲んだ時に気をつけないといけないことは食べるということなのです。ダイエットをしている時にお酒を飲むことはそれほど大きな影響を与えません。しかしその時におつまみを食べてしまうとこれはダイエットでは取り返しがつかないほどカロリーを蓄えてしまうことになるのです。ダイエット期間中はお酒を飲んだら食べないという事を徹底したほうが良いでしょう。もしもどうしても食べたくなる時には、カロリーになりにくい野菜を中心に、タンパク質やビタミンをバランスよく摂取していくようにしましょう。アルコールの分解を助けることになるので、その分太りにくくなりますし、アルコールの分解で失われた栄養の補給にもなります。くれぐれもラーメンのような高カロリーの炭水化物は食べないようにしてください。ダイエットをしている間は基本的にお酒を飲まないということが理想になりますが、どうしても我慢できない時にはおつまみで余分なカロリーを摂取してしまわないように気をつけて行ってみてください。城南 美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ