無理な食事制限は摂食障害を招く

無理な食事制限は摂食障害を招く

無理な食事制限は摂食障害を招く

食事制限によるダイエットは誰でも経験があるかもしれません。食事制限に頼っただけのダイエットはとても危険で、余り食事制限をきつくしすぎていると摂食障害になってしまう可能性があります。ダイエットの意識が高くなりすぎる事で食べるという行為に罪悪感を覚えて、食べたものは片っ端から吐き出していってしまうという事になります。そのうち過食症の症状が出てきて食べるようになりますが、それも全部吐き出してしまうという繰り返しで、非常につらい思いをすることになります。摂食障害が治った後には確かに痩せていますが、痩せているというよりはやつれている状態でダイエットの成功とはとてもじゃなけど言えない状態になってしまいます。摂食障害を起こしてしまうのは無理なダイエットでストレスを溜め込む事が原因と言われています。一度摂食障害になると食べる事もダイエットに対しても恐怖感を覚えてしまい、ダイエットに挑戦する事は難しくなってしまうようです。ダイエットはやっぱり健康的に痩せてこそ綺麗になれますので、体に負担のかかるようなダイエットを行わないようにしましょう。たとえ面倒に感じてもしっかりと運動をしていき、消費カロリーを増やしながら必要な栄養を取るために食事をしていくというダイエットが一番確実な方法なのです。短期間でダイエットを成功させようとすると失敗を招くことになりますので時間をかけてもいいからゆっくりと痩せていくようにして下さい。

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ