水風呂に入るときの注意点

水風呂に入るときの注意点

水風呂に入るときの注意点

夏は水風呂が気持ちいい季節です。ただ気持ちいいだけでなく美容にも効果的な水風呂に入るときにはいくつか注意点を守って入るようにするといいでしょう。水風呂がダイエットに効果的なのは冷たい水に入ることで体温を維持しようとする働きが高まり体温の維持のために体の脂肪を燃焼させていくからです。こういった仕組みを考えると水の温度は低いほど効果が高いのかと思いがちです。でも水の温度が低くなるほど体温との差が大きくなるため体に掛かる負担は大きくなります。特に心臓にかかる負担は大きく、心臓の弱い人では生命に関わる事故が起こる可能性もあるため、水の温度を低くしすぎるのは危険です。水風呂の脂肪燃焼効果は体温よりも水の温度が低ければ働くようになります。体温が36度と考えれば32度程度の水風呂でも十分にダイエット効果が得られることになります。また水風呂に入るときにはいきなり体全体を入れるようなことは避けないといけません。体温よりも低い水の中に入ることは少なからず体に負担がかかります。その負担を軽減するためにはまず脚や腕といった心臓から遠い場所を水に馴染ませていき、肩や背中に水をかけて体全体を水温に馴染ませておくようにします。そしてゆっくりとお風呂に入るようにしましょう。長時間入っていると体の内部まで冷えきり今度は代謝が低下することになります。入る時間は5分程度で十分なため水温に馴染んできたからといってあまり長い時間入り過ぎないように注意してください。暑い季節になると涼しさが恋しくなります。体を冷やしたい、涼しさがほしいといった時には水風呂に入ってみると美容にいい効果を得ることができます。水風呂には色々な効果があるため、毎日ではなくとも時々水風呂に入ってみるといいでしょう。一つ目の効果としてはダイエット効果が挙げられます。人間の体は常に体温を保つために脂肪を燃焼させていますが、体を冷やすとその効果が高くなります。夏よりも冬の方がダイエットしやすいと言われていますが、その理由も気温の低さから体温を維持しようとする体が働くからです。水風呂に入って体脂肪の燃焼を促してみるといいでしょう。二つ目は免疫力が上がる効果です。副腎皮質ホルモンの分泌が促されて免疫力が上がります。免疫力が上がると病気に強い体になる上、細菌に強くなることから肌荒れのトラブル等も解決するようになります。三つ目はエイジング効果が期待できます。水風呂に入り体を冷やすことで皮脂腺や汗腺が刺激されて新陳代謝が促進されるようになります。毛穴を引き締めきめ細かい肌を作ることが出来るようになり、肌細胞の若返りが期待できるというわけです。自律神経を刺激して血管の収縮効果が促されて体全体が引き締まるようになるので若さを維持したい人に特におすすめです。水風呂に突然入るというのは体に負担がかかることでもあるため、少し温めた通常よりもぬるめのお風呂に入るようにしていくと水風呂に近い効果を得られるようになりますよ。清澄白河 美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ