〇〇デー

〇〇デー

〇〇デー

何らかの日をきっかけにクーポンが発行される、という方法も有りますが、逆に「この日ならお得になります」という集客方法も有ります。たとえば「カットデー」とか「パーマデー」「カラーデー」と賞して、その日ならばいつもよりも安くその施術を受ける事が出来る、という日を設定する方法です。このサービスはどちらかと言うと美容室本意であると感じる事も有ります。それは割引の日が限定されている、という点です。確かにいつもよりはお得に施術を受け得ることができるのであれば、その日に美容室に行きたい、と考えると思うのですが、そのようにうまく自分の都合と美容室の都合が一致する事もなかなか難しいのではないでしょうか。特にフルタイムで仕事をしている様な女性であれば、美容室行く日は自分の都合の良い日にしたい、と思って当然でしょう。それを「この日でなければ安くならない」と思ったら、なんとなくその美容室への魅力が失せてしまうのではないでしょうか。たとえばその美容室が仕事帰りでも十分対応してくれるような営業時間を設けているのなら良いかもしれませんが、なかなかその様な美容室はありませんよね。ただそういう仕事の都合などが無い人にとっては、毎週〇曜日がカットデー、などと設定されていると、それに合わせて自分のスケジュールを組む事が出来て便利なのかもしれません。女性には、女性特有の薄毛を促進しまう生活習慣があります。ひとつは髪の毛を伸ばす、という傾向にある事です。これは物理学的な理由で、髪の毛が伸びてくると重力の関係で当然下へ下へ、と伸びていきます。そしてたとえ少し年齢的な理由で細くなった髪の毛であったとしても、長くなれば下へ引っ張られ、それだけ頭頂部は抑えられぺちゃんこになってしまいます。この状態は薄毛である状態を余計に強調してしまいます。また長い髪の毛と言うのはそれだけ重さがるという事ですから、毛穴や毛根にとっては負担がかかる事になります。またさらにそれを促進する様はヘアスタイルを女性はしてしまいます。それは髪の毛を括る、というヘアスタイルです。髪の毛を縛るスタイルと言うのは、髪の毛を常に引っ張っている状態と等しい事になします。それだけ毛穴や毛根に負担がかかると同時に、何時も同じ方向に結んでいると、偏った力のかかり方をしてしまいます。こういったことが年利による薄毛をさらに促進させてしまう事も有るのです。また女性は髪の毛に関して意識が高いので、男性に比べてケアしようとする時間も多く、ブラッシングなども時間をかけてするものです。ですがそのブラッシングに使うブラシの素材などによっては、頭皮を傷めてしまうものもあります。ヘアケアに意識があるだけ女性の方が間違ったケアをする確率も高いのかもしれません。青山 美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ