「クセ毛」が悩みではなくなる

「クセ毛」が悩みではなくなる

「クセ毛」が悩みではなくなる

かつてはクセ毛の人、というのはその髪の毛がとても悩みの種であったはずです。自分で思う様にならない髪の毛に手を焼いていた人は多かったものですし、子ども時代にからかわれて辛かった、という思いをした人や、天然パーマなのかパーマをかけたのかの区別が難しく、校則違反ではないか、と疑われた学生たちも多かったのではないでしょうか。ですが今の時代では質の良いストレートパーマや縮毛矯正の技術の向上により、もはや「クセ毛は美容室で治してもらえる」というのが当たり前の時代になってきました。そうなってくるとかつでは自分の髪の毛がまっすぐになった事だけでも幸せを感じていた人たちも、さらなる「キレイ」と追及したくなるものでしょう。クセ毛はもは悩みの原因ではなくなり、ストレートヘアだけでは満足できず、その髪の毛を自分の思い通りにカールさせたい、とかもっと自然にふんわりさせたい、という希望を持つようになるんですね。そうするとそのための技術を美容師は身に付けなくてはお客様のニーズにこたえる事が出来なくなります。ですからそのニーズにこたえるための研究や勉強をした美容師は、おそらく評判が更によくなるでしょうし、現状維持の技術しか提供できない美容師は、お客さんが離れて行ってしまう可能性が出てきます。美佳つの良し悪しを考える時に、ただ単純に、高価な薬剤を使って高価な機器を導入している美容室が良い美容室と言える、とは言えないのではないでしょうか。そういう美容室と言うのは、要するにお金をかけているから、お客さんの要望に応えるだけの薬剤や機器を導入する事が可能なだけであって、そうまでしなくてはお客さんの要望に応えられないのか、というとそういう事ではないような気がします。もちろんそうやって経費をかけている美容室が悪い訳ではありません。それが出来るという事は、評判が良くお客さんが多くて利益を得る事が出来る美容室だという事ですからね。ですが色々な事情でどんなに腕の良い美容師がいたとしても、そこまで経費をかける事の出来ない美容室だってありますよね。たとえばテナント料がとても高い、という事情もあるかもしれません。もしもそういう美容室がお客さんの要望に応えようとするならば、薬剤や危機に頼るのではなくて、自分たちが今持っている技術や薬剤を駆使して、いかにお客さんをキレイにするか、という事を考えなくてはいけません。うちはあの薬剤は使っていないので…と諦めてしまってはそこで終わってしまいます。なんとしてでもお客さんのなりたいヘアスタイルをなんとかして作ってあげよう、とするその気持ちはきっと良いアイディアを産むと思われます。志木にある美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ