子どもが喜ぶ

子どもが喜ぶ

子どもが喜ぶ

タッチパネルでの注文を喜ぶのは大人だけではありません。最近では居酒屋はよく家族連れで利用する人もいますが、そういう場合には子どもたちがこのタッチパネルでの注文を喜びます。大人でさえこのタッチパネルとただ操作しているだけでも何となく楽しいものですが、子どもなら尚更です。そして案外子どもの方がパネルの操作が上手かったりしますよね。最近の子こもたちは生まれた時からスマホが普及している様な世代ですから、そういう物に対してまったく物怖じしません。大人顔負けでいとも簡単に操作が出来る子が多いのです。ですから大人が食べたいものでも自分が注文役となって楽しんで操作する事もの姿を多く見かけます。またそのパネルが操作したいばっかりに、何か注文するものはないか、と大人をせかしている子どももいます。それは食べる側としたら余計な注文になってしまうかもしれませんが、お店側にとってはそういう注文も積もり積もれば結構な売り上げにつながるかもしれません。そういう事が楽しい、と解ればもっと家族連れを居酒屋に呼び込む事が出来るかもしれませんし、子どもが喜ぶならタッチパネルのある居酒屋に行こう、と考える家族連れも増えていくのではないでしょうか。子どもがいると落ち着かないのでろくに食事もできない、といった事情もタッチパネルが解決するかもしれませんね。アラモードの歴史として一番多く語られるのは「プリンアラモード」のようです。これは戦後駐在していた米国軍人の婦人たちにプリンを振る舞った事からプリンアラモードは始まったようですが、最初はプリンだけだったものが、その横にフルーツが添えられるようになり、これがだんだんと華やかになって現在のアラモードが出来上がった、と言われているようですね。そういえば日本ではプリンを喫茶店などで注文するとそのまま出てくるときも有りますが、ホイップクリームやさくらんぼなどが添えられている事があります。つまりそのような簡単なものが当時のプリンアラモードであった、と言えるのでしょう。ですが最近ではこのプリンアラモード、というメニューをあまり見かけなくなったように思います。たとえデザートでプリンと一緒にアイスクリームやフルーツが盛られてものがあったとしても、それをプリンアラモード、と呼ぶことが減ってきたように思います。どうしてそうなってしまったのかはわかりませんが、例えばレモンスカッシュ、というメニューがだんだんと消えて行ったのと同じように、時代の流れと言う感じなのでしょうか。今でも親しまれているパフェやサンデーと言うのは、アラモードよりも歴史も古いし時代を問わず人気ですよね。鉄板焼き 恵比寿

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ