髪の毛の成長は男女で大きな差がある

髪の毛の成長は男女で大きな差がある

髪の毛の成長は男女で大きな差がある

髪の毛の成長には個人差があると言われています。特に男性と女性の性別による違いははっきりと現れていて、男性のほうがどうしても髪の毛の成長が悪くなる傾向にあります。髪の毛の成長は成長期の長さによって決まりますが、男性の場合は短い人だと2年程度、早くても5年が限界と言われています。2年程度で髪の毛が抜けてしまう人はそれだけ髪の毛が伸ばせないと言うことになります。女性の場合は短い人で4年、長ければ6年以上成長期が続きます。成長期の短い人はそれだけ薄毛や抜け毛の悩みを抱えやすいのかというとそういうわけでもなく、結局は成長期、退行期、休止期のヘアサイクルが正常であれば髪の毛の総量が減っていくということも無いわけです。髪の毛は季節によっても成長の度合いが違ってきます。暖かい季節を迎えていくと成長が早くなり髪の毛が伸びやすくなります。8月くらいが成長のピークとなり、それから冬に向かって成長が遅くなっていきます。気温が高くなり血行や良くなり、代謝も上がることで髪の毛の成長が早くなるということです。髪の毛を少しでも長くしたいと言う人は頭皮の血行を良くしてあげて、頭皮を温めてあげるようにすると伸びやすいはずです。女性の場合は特に長い髪の毛に対して憧れている人も多く、髪の毛が早く伸びてほしいと考えている人も沢山いると思いますので、頭皮を冷やさないように注意して家にいるときには出来るだけ温めてあげるようにするといいでしょう。辻堂 美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ