髪の毛はどのくらいまで伸びるのか

髪の毛はどのくらいまで伸びるのか

髪の毛はどのくらいまで伸びるのか

髪の毛は退行期、休止期、成長期と繰り返して常に綺麗な状態が保てるようになっています。退行期と休止期は髪の毛の成長がなくなりそれ以上伸びることはありません。成長期は男性なら3年程度、女性なら5年以上成長期が続くということもあるようです。成長期の期間が限られていて、成長期が終われば髪の毛が伸びないということを考えると、髪の毛の長さには限界があるということになります。際限なく伸び続けるというわけではないようです。髪の毛は1年に10センチから15センチ程度伸びています。成長期が5年と考えると75センチまで伸びた時点で退行期に入り髪の毛の成長が終わり、休止期に入って髪の毛が抜けていくというのが一般的なようです。75センチといえば大体腰のあたりの長さです。女性でもこのへんが髪の毛の長さの限界になるということです。髪の毛を伸ばしたいと考えている女性は多いと思いますが、伸ばすとしても腰のあたりまでしか伸びないと言うことを知っておくといいでしょう。実際には例外もあり、理論上の長さともいえます。世界記録では7メートル近くまで伸ばしていた人もいるようですので、個人差があるといっても、その差もかなり大きいということになります。髪の毛をのばそうと思った時個人差によって理想的な長さまで届かないということもありますのでその点は注意が必要になります。長い髪の毛は手入れが大変でそれが原因でヘアサイクルが乱れてしまうこともあるので気をつけてみましょう。与野本町 美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ