準備ができる

準備ができる

準備ができる

美容室での次回予約、というのがじわじわと広がってきているようですが、次回予約をする事で美容室側にもお客様側にもメリットがあると考えられます。特に美容室側にとっては、お客さんが次回予約をしてくれる事で、そのお客さんの次のオーダーに対する準備ができる、という事があります。次回予約をしてもらえれば、次回はどのような施術をする、という事を踏まえて今回の施術をする事が出来ますし、次回どのようにするか、そのために何が必要か、という事も明確にすることができます。そうする事で少なくとも美容師のここが前ができますし、必要ならばカラーリングの薬剤などの準備をと問えることも可能です。もしもこの次回予約システムが一般的になったならば、美容室としては「今後どんな施術をどの程度しなくてはいけないのか」「そのために何が必要になるか」と言う事が明らかにすることができます。より計画的に美容師は立ち回る事が出来ますし、薬剤などの仕入れの面でも必要なものを必要な分だけ仕入れればよい、というとても効率的な営業をする事が出来るようになるのではないでしょうか。またお客さんにとっても次回予約をしておくことで、これまでの「美容室に予約を入れたけれども、今回はどうしよう?」という悩みから解放されるのではないでしょうか。就活で面接を受ける時には、受け身ではなくて自分がどんな覚悟を持ってこの会社の面接を受けているか、という事を相手に伝えなくてはいけません。時々学生さんの中にはせっかくロン毛にしたのにもったいない、少しぐらい長くてもいいんじゃないの?とかカラーが少しぐらい残っていても大丈夫でしょう?というような考え方をしている人もいるようです。確かに巷では就活の面接では黒髪の短髪でないといけない、そうでなければ面接を突破できない、という事が言われていますが、実際に短髪でなくてはいけない仕事なんてごく一部です。カラーを入れていた方が似合う人だって本当は多いはずなんですね。それでも面接には短髪・黒髪、と言われているのは、要するに学生気分で髪を伸ばしたり染めたりする生活に区切りをつけて、社会人になる覚悟をもってこの面接会場に来ている、という覚悟を示す、という意味合いもあるのかもしれません。だから短髪にしたくない、とかカラーをしていてもいいじゃない、とグズグズと学生気分を引きずって言える、とみなされてしまうと、面接も上手くクリアする事が出来ないのかもしれません。これから社会人になるための一歩を踏み出すのだ、という覚悟を持って美容室に行き、これまでの自分を断ち切るかのごとく、いさぎよく就活スタイルにしたいものです。平井 美容室

 

イプサ
http://www.ipsa.co.jp/

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ