次回の美容室が楽しみになる

次回の美容室が楽しみになる

次回の美容室が楽しみになる

美容室に行ってヘアスタイルを整える事は、おそらく特に女性たちにとってはとても楽しみな事だと思うんですね。予約を入れて美容室に行く日が決まったら「やっとキレイになれる!」という思いも有るでしょうし、ヘアスタイルを変えようと思っているならば「どんなスタイルにしようか?」というワクワクした気持ちもあるでしょう。つまり多くの人にとっては美容室に行く事は「楽しみ」な事だと思われます。もしもその楽しみな日がいつであるか、という事が前もって決まっていたら、その日をとても心待ちにして過ごす事ができますよね。これはその人の生活にとてもハリを与えることになるのではないでしょうか。多くの人は何か一つ楽しみがあれば、その日を思いながら少々の辛い事には耐えられるものだ、と言いますが、美容室に行く、というようなささやかな楽しみであっても、おそらくあるとないのとでは気分が大きく違うと思います。ですから美容室で次回予約をしてから帰宅する、というのは美容室に行くという楽しみを予約する、という意味があると思います。そしておそらく「次回はこうしましょう」と言う美容師からのアドバイスも貰えると思うので、具体的にどうなるか、と言う事も想像できて、余計にワクワクするものなのではないでしょうか。自分の進みたい業界がアパレルとか美容関係とかである場合には、いかに素敵なヘアスタイルにして面接を受けるか、という事を意識してしまうと思います。ですが履歴書にしても面接にしても、そういう段階ではない、と考えた方が良いでしょう。採用担当者が見ているのは「どんなおしゃれが出来る人なのか」と言う事よりも「この人は社会人としてきちんとやっていける人か、うちの会社にふさわしい人材なのか」と言う事の方がまずは重要なんですね。オシャレのセンスなどは、会社に入ってからでも十分磨くことができます。まずはそれ以前の問題をクリアしなくてはいけないんですね。そのためには「素敵なヘアスタイル」よりも「マイナスイメージにならないヘアスタイル」を心がけるべきではないでしょうか。採用担当者に対してまずはプラスのイメージを持ってもらおう、とするのではなくて、マイナスのイメージにならないようにしよう、と考えた方が、おのずとやるべきヘアスタイルなども決まってくると思ます。美容室にお願いする時にも、アパレルや美容関係に良く思われるように、と注文してしまうと、行き過ぎたスタイルになってしまうかもしれません。まずは就活の常識に合ったスタイルを作ってもらう様にお願いした方が良いでしょう。大塚 美容室

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ