ヘアサイクルを乱してしまう原因

ヘアサイクルを乱してしまう原因

ヘアサイクルを乱してしまう原因

健康的で綺麗な髪の毛を維持していくためにはヘアサイクルの改善が必要になります。でもヘアサイクルの改善といっても、どうしてヘアサイクルが乱れてしまうのかわからないままでは改善のしようがありません。幾つか原因が考えられますのでどれに当てはまるか調べてみてください。1つ目の原因は年齢によるものです。人の髪の毛の成長は30歳あたりにピークを迎えてそれからは老化していきます。成長が悪くなればそれだけ太くて健康的な髪の毛が作れなくなるので髪の毛の状態を維持できなくなります。成長のピークには個人差がありますが、老化は誰にでも訪れることなので、少しでも若さを保てるように食生活や運動を頑張っていくのがいいでしょう。2つ目はストレスです。ストレスの影響は血行に影響が出て髪の毛の成長に必要となる酸素や栄養が足りなくなる可能性があります。成長したいときに髪の毛を作る成分が足りない状態では成長が出来ませんのでストレスを発散していくようにしてみてください。3つ目はシャンプーの間違った洗い方です。シャンプーをするときには洗浄力の強い物は使わない、頭皮に刺激を与え過ぎないということが大事になります。頭皮は皮脂の分泌量が多くシャンプーでしっかりと洗いたくなりますが皮脂の洗いすぎで頭皮が弱くなったり、皮脂がかえって過剰に分泌されてしまい毛穴を塞いで髪の毛の成長を悪くしてしまうこともあります。頭皮はデリケートで刺激に弱いので擦り過ぎや洗浄しすぎはヘアサイクルを乱してしまいます。ヘアサイクルを正すために原因を調べて対策をとってみるといいですよ。奈良 美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ