ヘアサイクルは外部からの影響でも乱れる

ヘアサイクルは外部からの影響でも乱れる

ヘアサイクルは外部からの影響でも乱れる

髪の毛は外部からの影響を受けやすく、年齢による老化以上にダメージの蓄積による老化という物に気をつけないといけません。たとえば紫外線による影響が特に大きなダメージを与えます。髪の毛自体が紫外線による影響で乾燥していきますし、髪の毛を作っている結合を破壊して元に戻せない状態にしてしまいます。すでに生えている髪の毛は成長しませんし、細胞自体生きていないのでダメージを受けても生え変われば問題無いのですが、頭皮にまでダメージが及ぶとヘアサイクルにも影響が出てきてしまいます。ヘアサイクルが乱されると髪の毛が成長できなくなり、徐々に薄毛へと向かっていき最終的には髪の毛が生えてこないという状況になることもあります。紫外線は肌を乾燥させて頭皮を固くしてしまい、血行も悪くなって髪の毛の成長に必要な栄養も届かなくなってしまいます。髪の毛への影響よりも頭皮への影響を心配してみてください。乾燥問題としては紫外線だけではなくドライヤーによる影響も無視することは出来ません。長時間のドライヤーや高温によるダメージは頭皮に影響を与えてしまいヘアサイクルを乱すことに繋がります。毎日ドライヤーを使っているという人は手早く済ませて頭皮の乾燥を招かないように注意が必要になります。日常生活の中には髪の毛の成長を妨げてしまうかも知れない原因があふれています。外部からの影響で髪の毛の老化を招いてしまわないように気をつけて生活していくようにしてください。横須賀 美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ