ヘアケアは傷む前が肝心

ヘアケアは傷む前が肝心

ヘアケアは傷む前が肝心

美容に対する意識の高い人はヘアケアをするときに、傷んでからヘアケアということはしません。傷む前にヘアケアをするというのが一般的です。髪の毛が綺麗でないと感じている人は傷んだからヘアケアをするという考え方をしていないでしょうか。傷んでからヘアケアでは遅いということを覚えておきましょう。なぜ傷んでからのヘアケアでは遅いのでしょうか。髪の毛は毛乳頭細胞によって作られています。毛乳頭細胞では髪の毛に必要なタンパク質がどんどんと作られています。作られたタンパク質はやがて髪の毛として伸びていき頭皮の外に姿を現していきます。髪の毛自体が細胞分裂を繰り返しているわけではなく、毛乳頭の働きが結果的に髪の毛を伸ばしているわけです。髪の毛ってそれ自体が成長することも無い、すでに活動を停止した細胞の集まりみたいなもので死んでいる状態なのです。死んだ状態の髪の毛をケアしても何も起こりません。髪の毛は傷んでしまったら元に戻らないと言われる理由です。ヘアケアは傷んだ髪の毛に行っても効果がほとんど無いということになります。だからヘアケアは痛む前が重要になります。髪の毛が傷つかないようにUVカットを施しておく、トリートメントで水分を補い乾燥しないようにしておくということが大事です。外出するときや海水浴に行く前などにヘアケアを行っておくようにしてください。髪の毛は傷む前のケアを心がけるようにして行くときれいな髪の毛を維持できるようになりますよ。

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ