ドラッグストアの商品

ドラッグストアの商品

ドラッグストアの商品

かつては「ドラッグストア」というような名の付く店も無かった時代では、シャンプーやリンスと言ったヘアケア製品もそんなに種類がある物ではありませんでした。ですが今では選ぶのに困るほどのヘアケア製品がドラッグストアには並んでいます。その中の製品の殆どは使った事が無いし、品名もその用途も解らない、というような商品でいっぱいです。カタカナで書かれているその成分や、使用方法などを見ても良く理解できない、と思う人も多いのではないでしょうか。ですが実際にそれらの商品が陳列されている、という事は、それを手に取ったり実際に購入したりする人がいる、という事です。それだけ今の世の中の人たちは、自分で髪の毛の何らかのケアをする、という事になるのではないでしょうか。その中の多くの商品は、実際には美容室でもやってもらえる事なのに、「自宅用」とか「セルフケア用」といった括りになる商品なんですね。つまりかつては美容室に行かなくては絶対に出来なかったような事まで、それらのヘアケア剤を購入すれば、同じような事を自宅で、しかも一人でする事が出来るようになったんですね。代表的なものではカラーリングとか白髪染めなどです。最近ではちょっとした縮毛矯正や、ヘアマニキュアなども出来るヘアケア剤も販売されています。女性美容師の魅力と言うのは、どういう所なのでしょうか。すこし偏った考え方かもしれませんが、女性の皆さんは同性である女性に肩や髪を触られる事は全く抵抗が無い人が多いと思いますし、男性であったとしてもそれが「美容師」という職業である、と割り切って考えた場合には、何の問題も無い、むしろ異性であることなんてあんまり意識しない、という人もいるかもしれません。一方で男性客について推測してみると、女性美容師に肩や髪を触られるのはむしろ嬉しい、とかテンションが上がるという男性が多いかもしれませんが、一方で男性に触れられる、というのは特に望む事でもなければ、むしろその方が抵抗がある、という人もいるような気がします。女性の特権かもしれませんが、やはり態度の柔らかさとか表情の柔和な感じというのは、男性からも女性からも好感が持てる、とされるのはやはり女性美容師の方なのかもしれません。つまり女性美容師は作る事が出来るヘアスタイルとか、カッティングのテクニックとか、という問題では男性に劣るかもしれませんが、「癒される」「落ちつく」等美容室と言う場所にふさわしい雰囲気を持っているのは女性に方なのかもしれません。それゆえ、男女問わず女性美容師の方が良い、と答える人が多いのかもしれません。北千住 美容院

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ