コラーゲンの働きによる美容効果について

コラーゲンの働きによる美容効果について

コラーゲンの働きによる美容効果について

コラーゲンを摂取すると肌の弾力が戻り潤いも出るとよく言われています。しかしその効果について詳しく知っているという人は多くありません。コラーゲンを摂取するとそのコラーゲンが肌を補修してハリや弾力を取り戻すというように思っている人も多いと思いますが、実際には違うようです。摂取したコラーゲンは体の中で分解されてタンパク質を構成するアミノ酸になります。アミノ酸は体のいたるところで消費されて、分解されたアミノ酸がコラーゲンに構築されるとは限らないわけです。そのためコラーゲンを摂取しても肌の主成分として消費されるかはわかりません。このためコラーゲンを摂取しても効果がないという意見もあるのです。摂取したコラーゲはすべてが分解されるわけではないようです。コラーゲンペプチドとして体に吸収されてコラーゲンやヒアルロン酸を作る手助けをします。人間の肌のコラーゲンは線維芽細胞が作ります。コラーゲンペプチドはこの細胞を増やしてコラーゲンを作りやすいようにサポートしてくれます。コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンが作られることで肌の弾力が良くなり、潤いを取り戻せるようになります。コラーゲンが美容にいいというのはコラーゲン自体が直接肌を作るからではないわけですね。効果がないという意見もありますが、実験でも美容にいい結果が出ているため、美容のためにコラーゲンを積極的に摂取していくことは決して無駄にはならないのです。コラーゲンの働きを理解して上手に摂取してみてください。スキンケアは季節によってやり方を変えないといけません。その理由は季節によって肌の求めているものは違うからです。肌にかかる負担も季節が変われば全く違うものになるためスキンケアは一年通して同じという状態では肌は傷んでしまいます。特に夏に行っているスキンケアを冬でも同じようにやってしまっているという人はとても多いので気を付けないといけません。夏の主な肌荒れの原因は紫外線による影響です。紫外線は肌表面を焼くだけではなく肌内部の組織も傷つけます。コラーゲンを破壊し活性酸素を発生させて肌の老化を進行させていきます。そのためスキンケアでは紫外線の影響を抑えるためのケアが必要になります。抗酸化効果を持ちメラニンの生成を抑えるビタミンCが必要になり、洗顔やクレンジングに力をいれる必要があります。冬の主なトラブルは乾燥が原因になります。乾燥すると肌のひび割れやシワ、たるみといった老化現象に悩まされるようになります。肌の水分が失われやすいため保湿や保水に力を入れることがポイントになります。夏の肌も乾燥の悩みはありますし、冬にも紫外線は降り注いでます。しかし影響力の大きさが全く違ってくるためスキンケアをするときには夏や冬にあわせたものにする必要があるのです。スキンケアは肌に合わないことをしているとかえって肌を傷めることにつながります。季節にあわせたスキンケアは肌を守るためにも必要となることを覚えておきましょう。美容室 練馬 ヘアサロン パーマ トリートメント 口コミ 人気 オージュア

関連ツイート


ホーム RSS購読 サイトマップ